縦書き封筒の宛名の書き方

スポンサードリンク

縦書き封筒の宛名の書き方

縦書きでも横書きでも、封筒の書き方で一番ポイントになるのが宛名の書き方です。
ここが決まっていないと全体の印象が悪くなりますし、相手によっては失礼になってしまうケースもあります。

 

宛名の書き方は、中央に大きく!
これが基本です。
縦長封筒でバランスが分かりにくい時は、郵便番号の最初の3つ(少し大きめのマス)の下辺りを目安にすると良いでしょう。
封筒の種類によって中心の位置は変わるので、どうしても気になる場合は定規などを当ててざっくり目安を付けると安心ですね。

 

宛名の書き方で意外とつまづきやすいのが、縦の長さです。
法人か個人か、相手の名前の文字数にもよりますが、書き始める前に全体のバランスを考えて、文字を配置すると良いでしょう。
苗字と名前の間には、スペースを開けても開けなくても大丈夫。
「様」や「御中」などの敬称は、名前の大きさより一回り小さめに書くのがルールです。

 

手紙の送り先を指定する大切な部分ですから、字ははっきりと丁寧に、分かりやすく書きましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

縦書き封筒の宛名の書き方関連ページ

縦書き封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
縦書き封筒の住所の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
縦書き封筒の差出人の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
縦書き封筒の裏面の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
縦書き封筒に住所を横書きする書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
縦書き封筒に宛名を横書きする書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
縦書き封筒の数字の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。

基本 縦書き封筒 横書き封筒 その他の封筒 シーン別の書き方