縦書き封筒に住所を横書きする書き方

スポンサードリンク

縦書き封筒に住所を横書きする書き方

縦長の和封筒を使う際は、書き方は縦書きが基本です。
しかし、さほどかしこまった内容の手紙ではない場合、横書きで宛先を書いても問題はありません。
縦長のエリアに横書きすると、全体のバランスはどうしても悪くなってしまいますが、縦書きだとなかなか上手く書けない、という時には、横書きにした方が綺麗に書ける場合もあります。

 

縦書き封筒に住所を横書きする時の書き方は、切手を張る位置より少し下辺りから書き始めるのがポイントです。
両端いっぱいいっぱいに書いてしまうと窮屈な印象になるので、適度なスペースを取り、必要に応じてキリの良い場所で改行しましょう。
横書きなので、番地などの数字は全て算用数字を使います。

 

住所を改行した時は、二行目以降は前の行より少し下がった場所から書きだすのが正しい書き方です。
とは言え、マンション名などあまり長くなると、左右の幅があまりない和封筒ではいっぱいいっぱいになってしまう事も。
字の大きさを調整するなどして、スペース内に上手く収まるようにしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

縦書き封筒に住所を横書きする書き方関連ページ

縦書き封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
縦書き封筒の住所の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
縦書き封筒の宛名の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
縦書き封筒の差出人の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
縦書き封筒の裏面の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
縦書き封筒に宛名を横書きする書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
縦書き封筒の数字の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。

基本 縦書き封筒 横書き封筒 その他の封筒 シーン別の書き方