横書きにする封筒の書き方

スポンサードリンク

横書きにする封筒の書き方

封筒に宛名を書く時は、縦書と横書きの2種類があります。
一般的には縦書になりますが、状況に応じて横書きにすることもあり、またしっかりと書き方がわかっていれば、個性的な封筒になることもあります。

 

手紙を書くということ、文字を相手に送るということは、礼儀正しくなければなりません。
人の印象は、会って3秒で決まると言われていますが、手紙はちょっとした部分で人柄を感じることができるのです。

 

直接会うよりも、書く内容を考える時間があるため、話すことが苦手な人は、封書にすると良いでしょう。

 

横書きで宛名を書くときに、一番間違いやすい部分が切手の場所です。
左上ではなく、右上に貼らなければなりません。
封筒の書き方を正しくする前の基本になります。

 

また、郵便番号が既に印刷されている封筒では、宛名の中追記する書き方と、印刷された部分を利用する書き方があります。
封筒の中身が大切だからといって、横書きにする書き方を知らないとなるとイメージを変えてしまうのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

横書きにする封筒の書き方関連ページ

横書きの封筒の住所の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
横書きの封筒の宛名の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
横書きの封筒の差し出し人の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。

基本 縦書き封筒 横書き封筒 その他の封筒 シーン別の書き方