横書きの封筒の住所の書き方

スポンサードリンク

横書きの封筒の住所の書き方

昔ながらの縦長封筒を、和封筒と言います。
反対に、最近使われることの多い四角いタイプは洋封筒と呼ばれます。
宛名や住所の横書きは、特にこのタイプでよく見られます。

 

横書きの封筒に住所を書く時の書き方ですが、縦書きよりは書きやすいと感じる人が多いようです。
全体の上三分の一くらいのエリアに収まるよう、字の大きさを調節して書いて行きます。
縦書きする時と同様、一行で収まりきらない場合は、キリの良い場所で改行を入れましょう。
二行目以降の書きだしは、前の行より少し下げるのが正しい書き方です。

 

また、横書きする際には番地などの数字は算用数字を使います。
漢数字を使ってはいけない、と言う事はありませんが、全体の印象が整います。

 

横書きの書き方でポイントになるのが、字の高さが揃っている事。
ガタガタしていたり、斜めになっていたりすると、それだけで落ち着かない印象になってしまいます。
字を真っ直ぐに書くのが難しい場合は、鉛筆などで薄く線を引いておき、その上に収まるよう書くと良いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

横書きの封筒の住所の書き方関連ページ

横書きにする封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
横書きの封筒の宛名の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
横書きの封筒の差し出し人の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。

基本 縦書き封筒 横書き封筒 その他の封筒 シーン別の書き方