その他の封筒

スポンサードリンク

その他の封筒記事一覧

洋封筒に縦書きする書き方

通常は横書きすることの多い洋封筒ですが、時には縦書きする事もあります。特に多いのが、慶事、弔事の際に使用される洋封筒です。この場合の書き方は、基本的に縦長タイプに縦書きする時と同様です。感覚としては、ハガキに縦書きする時と似ていますね。上下の幅がそれほど広くないので、特に住所の書き方には注意が必要で...

≫続きを読む

洋封筒に縦書きする時の裏面のコツ

洋封筒で表面を縦書きにしたら、当然裏面の差出人の住所氏名も縦書きする事になりますね。封じ目で封筒の半分近くが占領されている上、上下の幅も狭いので、差出人の住所氏名はついつい字が小さくなりがち。こじんまりし過ぎて見にくくならないよう、全体のバランスを見ながら書いて行きましょう。洋封筒に縦書きする時の差...

≫続きを読む

大きな封筒の住所の書き方

手紙を出す時には、常に80円切手で収まる大きさの封筒で出すとは限りません。重要な書類や履歴書など、あまり折り目を付けたくないものは、A4サイズなどの大判封筒で投函する事になります。こうした封筒の書き方は、基本的には小さなサイズの書き方と変わりありません。ただし、書くスペースがとても広いため、バランス...

≫続きを読む

大きな封筒の宛名の書き方

大きな封筒を書く時に失敗しがちなのが、宛名を大きく書き過ぎる、あるいは小さく書き過ぎると言う事です。丁寧な字でしっかり書いてあれば一応は問題ないとは言え、せっかくなのだから封筒も綺麗に見せたいものですよね。大きな封筒の宛名の書き方のポイントは、広いスペースにどれくらいの余白を持たせて名前を配置するか...

≫続きを読む

大きな封筒の差し出し人の書き方

大きな封筒の書き方で意外と失敗しがちなのが、差出人の書き方です。何故かと言うと、大きな封筒はそれだけ余白が大きいから。小さめに書くのがマナーの差出人は、よりバランスを取るのが難しくなってしまうわけですね。大きな封筒でも書き方の基本は変わりません。縦書きなら、センターラインの右側に住所を、左側に名前を...

≫続きを読む

変形封筒の書き方

文房具店で封筒のコーナーを見ていると、様々な形のものがある事に気がつきます。一般的な縦長の和封筒、洋封筒の他に、星型の物、丸い物などなど、バラエティに富んでいます。気の置けない友人から、こったデザインの手紙をもらうと一際嬉しいものです。逆にこちらから返事を出す時も、相手がびっくりするようなデザインの...

≫続きを読む

郵便番号欄がない封筒の書き方

郵便局などで売られているシンプルな茶封筒や白封筒には、右上に郵便番号を書く欄が印刷されている事がほとんどです。マスの中に数字を入れれば良いだけなので、郵便番号の書き方で戸惑う人はあまりいないでしょう。ところが、大判サイズやデザイン封筒になると、郵便番号を書く欄が印刷されていないものがぐっと増えます。...

≫続きを読む

窓付き封筒の書き方

ビジネス関連のダイレクトメールや、カードの請求書などで良く見られる封筒が、窓付きタイプのものです。封筒の一部が半透明になっていて、そこから中身が見えると言うもの。通常は、カードや公共料金の明細書を送る際、住所や名前を印刷した部分が窓からのぞくようにして、宛先として使うパターンです。実は、窓付き封筒の...

≫続きを読む

簡易書留の書き方|印鑑を押す位置など

■書留郵便の種類と違い重要な書類の中でも、紛失などが発生すると大きな問題になってしまうのが、契約書や重要事項通達時の書類です。確実に相手の手に渡った事が確認できないと危険なため、記録の残る郵送方法が必要になります。そんな時におススメなのが、書留郵便です。追加料金を払う事で、投函した手紙の追跡が可能に...

≫続きを読む

料金別納郵便の封筒の書き方

ビジネスのダイレクトメールなどで、大量の手紙を一斉に発送しなくてはならない事があります。こんな時、一通一通の封筒に切手を貼るのはとても大変ですよね。そこで活躍するのが、料金別納郵便です。文字通り、切手を貼らずに郵送料は別途で払っておく方法なのですが、封筒の書き方にも、ちょっとしたルールがあります。料...

≫続きを読む

配達記録郵便の封筒の書き方

投函した手紙がどこにあるのか、詳細に確認したい場合に便利なのが、配達記録郵便です。引き受け時、中継時、配達時に記録が残るため、相手に確かに書類を送った事が分かります。簡易書留と似ていますが、書留が賠償つきなのに比べ、配達記録にはついていません。簡易書留ほど重要ではないが、必ず届けたと確認したい場合に...

≫続きを読む

スポンサードリンク


基本 縦書き封筒 横書き封筒 その他の封筒 シーン別の書き方