洋封筒に縦書きする書き方

スポンサードリンク

洋封筒に縦書きする書き方

通常は横書きすることの多い洋封筒ですが、時には縦書きする事もあります。
特に多いのが、慶事、弔事の際に使用される洋封筒です。

 

この場合の書き方は、基本的に縦長タイプに縦書きする時と同様です。
感覚としては、ハガキに縦書きする時と似ていますね。
上下の幅がそれほど広くないので、特に住所の書き方には注意が必要です。

 

住所を書く時の字は、宛名を書く時の時より小さくします。
縦長タイプに書く時と異なり、住所が一行に収まりきらず、改行が必要になるケースも度々あります。
うっかり宛名を書くスペースにはみ出してしまわないよう、全体のバランスを見ながら記入しましょう。
また、洋封筒とは言え、縦書きする場合は数字は全て漢数字を使用するのが正しい書き方です。

 

宛名は、字全体がちょうど中央に収まるようバランス良く書きます。
苗字と名前の間は、一文字開けても開けなくてもかまいません。
敬称の前にはすこしスペースを開け、名前の時より小さめに書くのがポイントです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

洋封筒に縦書きする書き方関連ページ

洋封筒に縦書きする時の裏面のコツ
封筒の書き方などをご紹介していきます。
大きな封筒の住所の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
大きな封筒の宛名の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
大きな封筒の差し出し人の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
変形封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
郵便番号欄がない封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
窓付き封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
簡易書留の書き方|印鑑を押す位置など
料金別納郵便の封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
配達記録郵便の封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。

基本 縦書き封筒 横書き封筒 その他の封筒 シーン別の書き方