洋封筒に縦書きする時の裏面のコツ

スポンサードリンク

洋封筒に縦書きする時の裏面のコツ

洋封筒で表面を縦書きにしたら、当然裏面の差出人の住所氏名も縦書きする事になりますね。
封じ目で封筒の半分近くが占領されている上、上下の幅も狭いので、差出人の住所氏名はついつい字が小さくなりがち。
こじんまりし過ぎて見にくくならないよう、全体のバランスを見ながら書いて行きましょう。

 

洋封筒に縦書きする時の差出人の書き方は、狭いスペースにバランス良く配置する事がポイントです。
差出人名は、封筒の中央より下から始まるようにします。
隅によりすぎないよう注意しましょう。

 

住所の書き方は、差出人名よりやや上から書きだすのが正解。
キリの良い所で改行しながら、文字のお尻が差出人名の最後と揃うように配置すると、スッキリ整った印象になります。
郵便番号はその上に、横書きで記入しましょう。

 

慶事や弔事で使用する事が多いので、封じ目にはしっかりと印を付けます。
縦書きでも横書きでも基本となる書き方は変わりませんので、自信を持って書いてみて下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

洋封筒に縦書きする時の裏面のコツ関連ページ

洋封筒に縦書きする書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
大きな封筒の住所の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
大きな封筒の宛名の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
大きな封筒の差し出し人の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
変形封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
郵便番号欄がない封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
窓付き封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
簡易書留の書き方|印鑑を押す位置など
料金別納郵便の封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
配達記録郵便の封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。

基本 縦書き封筒 横書き封筒 その他の封筒 シーン別の書き方