料金別納郵便の封筒の書き方

スポンサードリンク

料金別納郵便の封筒の書き方

ビジネスのダイレクトメールなどで、大量の手紙を一斉に発送しなくてはならない事があります。
こんな時、一通一通の封筒に切手を貼るのはとても大変ですよね。
そこで活躍するのが、料金別納郵便です。
文字通り、切手を貼らずに郵送料は別途で払っておく方法なのですが、封筒の書き方にも、ちょっとしたルールがあります。

 

料金別納郵便の封筒の書き方で最も特徴的なのは、切手を貼る代わりに、別納である事を知らせる印を押しておかなくてはいけない事です。
既定のサイズを満たしていれば、手書きでも構わないのですが、通常は郵便局に持ち込む事でハンコを押してもらえます。

 

それ以外の書き方は、通常の封筒と同じです。
ビジネスで使用する事が多いので、誤字脱字には十分注意して、丁寧に書きましょう。
パソコンで印字したり、宛名シールを貼ったりするのも良いですね。

 

なお、料金別納郵便はあくまで支払うのは差出人です。
受取人払いとは異なりますので、注意しましょう。

スポンサードリンク

料金別納郵便の封筒の書き方関連ページ

洋封筒に縦書きする書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
洋封筒に縦書きする時の裏面のコツ
封筒の書き方などをご紹介していきます。
大きな封筒の住所の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
大きな封筒の宛名の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
大きな封筒の差し出し人の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
変形封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
郵便番号欄がない封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
窓付き封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
簡易書留の書き方|印鑑を押す位置など
配達記録郵便の封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。

基本 縦書き封筒 横書き封筒 その他の封筒 シーン別の書き方