横書きの封筒の差し出し人の書き方

スポンサードリンク

横書きの封筒の差し出し人の書き方

横書き封筒の差し出し人の名前の書き方は、縦書きと同じく、封筒の裏面に記入する事になります。
ただし、縦長タイプと違って、センターラインがないのが洋封筒の特徴。
よって、差出人の住所・氏名のレイアウトも、大きく異なります。

 

封筒の上半分が綴じで使われているので、下半分のスペースを使って書く事になります。
書き方のポイントは、差出人名が封筒の中央からやや右寄りになる事。
住所や郵便番号は、差出人名の位置よりやや手前から書きだします。
この時、書き終わりの位置が差出人名の終わりと揃うようにすると、見た目の印象がスッキリ整うので、おススメです。

 

日付を入れる際は、綴じ目の下の左側、郵便番号よりも上の位置に記入します。
横書きタイプのばあいは封じ目を必要としない事もありますが、慶事などの場合には専用のシールで封をするケースがほとんどです。
友人宛の砕けた内容なら、可愛いシールで飾ってもいいですね。

 

デザインによっては書くスペースが狭い事もあるので、バランスを考えた書き方をマスターしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

横書きの封筒の差し出し人の書き方関連ページ

横書きにする封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
横書きの封筒の住所の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
横書きの封筒の宛名の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。

基本 縦書き封筒 横書き封筒 その他の封筒 シーン別の書き方