大きな封筒の住所の書き方

スポンサードリンク

大きな封筒の住所の書き方

手紙を出す時には、常に80円切手で収まる大きさの封筒で出すとは限りません。
重要な書類や履歴書など、あまり折り目を付けたくないものは、A4サイズなどの大判封筒で投函する事になります。

 

こうした封筒の書き方は、基本的には小さなサイズの書き方と変わりありません。
ただし、書くスペースがとても広いため、バランスがより取りにくくなると言う難点があります。

 

大きな封筒の住所の書き方は、まずは右上辺りに郵便番号を記入します。
封筒の大きさを考えて、右半分位に収まると良いですね。
最初の三マスが、ちょうど真ん中辺りに来るイメージです。

 

住所の書き方は、縦書きでも横書きでも構いません。
縦書きの場合は、右三分の一のスペースに収まるよう、字の大きさを調整します。
横書きの場合もほぼ同様ですが、宛名と共に心持ちやや上目に配置すると、収まりが良いようです。

 

普段から字の小さい人は大きなスペースを持てあましてしまいがちですが、ここはひとつ、のびのびと住所を書いてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

大きな封筒の住所の書き方関連ページ

洋封筒に縦書きする書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
洋封筒に縦書きする時の裏面のコツ
封筒の書き方などをご紹介していきます。
大きな封筒の宛名の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
大きな封筒の差し出し人の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
変形封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
郵便番号欄がない封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
窓付き封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
簡易書留の書き方|印鑑を押す位置など
料金別納郵便の封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
配達記録郵便の封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。

基本 縦書き封筒 横書き封筒 その他の封筒 シーン別の書き方