窓付き封筒の書き方

スポンサードリンク

窓付き封筒の書き方

ビジネス関連のダイレクトメールや、カードの請求書などで良く見られる封筒が、窓付きタイプのものです。
封筒の一部が半透明になっていて、そこから中身が見えると言うもの。
通常は、カードや公共料金の明細書を送る際、住所や名前を印刷した部分が窓からのぞくようにして、宛先として使うパターンです。

 

実は、窓付き封筒の窓の位置は郵便局で指定されています。
宛名用窓がある場合は封筒の書き方を考える必要はないので、まず、宛名用窓ではない場合について、ご説明します。

 

宛名用ではない窓は、縦書きなら下部に、横書きなら左右のどちらかに設けられています。
住所や宛名は、窓の部分を避けて、空いたスペースにバランス良く収めるのが正しい書き方です。

 

逆に、宛名用の窓の書き方では、中身がずれて宛名が見えなくならないよう注意する必要があります。
封筒にぴったりなサイズの紙を使うか、中で固定するかして、手紙がずれないよう工夫しましょう。
中が透けて見えないよう、厚手の紙を使用する事も必要です。

スポンサードリンク

窓付き封筒の書き方関連ページ

洋封筒に縦書きする書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
洋封筒に縦書きする時の裏面のコツ
封筒の書き方などをご紹介していきます。
大きな封筒の住所の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
大きな封筒の宛名の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
大きな封筒の差し出し人の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
変形封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
郵便番号欄がない封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
簡易書留の書き方|印鑑を押す位置など
料金別納郵便の封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
配達記録郵便の封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。

基本 縦書き封筒 横書き封筒 その他の封筒 シーン別の書き方