郵便番号欄がない封筒の書き方

スポンサードリンク

郵便番号欄がない封筒の書き方

郵便局などで売られているシンプルな茶封筒や白封筒には、右上に郵便番号を書く欄が印刷されている事がほとんどです。
マスの中に数字を入れれば良いだけなので、郵便番号の書き方で戸惑う人はあまりいないでしょう。

 

ところが、大判サイズやデザイン封筒になると、郵便番号を書く欄が印刷されていないものがぐっと増えます。
また、差出人名の郵便番号となると、ほとんどの封筒で印刷されていないと言ってもいいのではないでしょうか。

 

手紙を書く時に迷いやすいのが、この、差出人の郵便番号の書き方です。
どの位置に、どんなふうに書くのが正しい書き方なのでしょう。

 

通常の書き方は、郵便番号欄が印刷されているイメージで、住所や名前の上部に横書きするのがおススメです。
数字の前に「〒」マークを付ける事もあります。

 

逆に、表の宛先に郵便番号を記入する際は、「〒」マークは不要とされています。
これは、郵便番号を機械で読み取る際に、マークがあると正しく読み取れないからだそうですよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

郵便番号欄がない封筒の書き方関連ページ

洋封筒に縦書きする書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
洋封筒に縦書きする時の裏面のコツ
封筒の書き方などをご紹介していきます。
大きな封筒の住所の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
大きな封筒の宛名の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
大きな封筒の差し出し人の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
変形封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
窓付き封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
簡易書留の書き方|印鑑を押す位置など
料金別納郵便の封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。
配達記録郵便の封筒の書き方
封筒の書き方などをご紹介していきます。

基本 縦書き封筒 横書き封筒 その他の封筒 シーン別の書き方